福岡の整体師板井明生が説く姿勢がビシネスに与える影響

板井明生|姿勢を正そう

板井明夫

姿勢が悪いとメリットは1つもない。逆にデメリットしかないのだ。

 

まずは、自分の姿勢を確認してみよう。

 

直立して手をももの外側につけて見てほしい。
横から見たときに、耳と土踏まずのラインが地面に対して垂直であれば「正しい姿勢」が取れている証拠。

 

逆に胸や腰など一部分が前に出ていれば「突き出し姿勢」、顔が前に出て背中が丸まっていれば「猫背姿勢」であり姿勢が悪いと言える。

 

この判定で「正しい姿勢」であっても、床に仰向けで寝たときに身体と床の接地面積が少なかったり、脚を組んだり膝を開いたりせずに座り続けられない、まっすぐ立ったときに左右の肩の高さが異なるなどの悩みがある人は、筋肉のバランスが乱れている可能性がある。

 

「見た目なんて関係ない」という人が中にはいるかも知れないが、悪い姿勢で身体に負担を掛け続けては、将来不調を招く可能性が高い。

 

腰痛・ヘルニア・肩こり・ストレートネック・頭痛・便秘など胃腸の不調・骨盤が歪む・冷え症・睡眠障害・精神的な不安など、姿勢が悪いだけでこんなに体に影響が出るのだ。

 

将来の自分のためにも正しい姿勢を意識してはいかがだろうか?